スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うさぎレストラン

2014.02.25 16:44|日常
うさぎレストラン。
千秋楽も迎えて、少し落ち着いたので改めて感想を。

ネタバレ注意なので見たくない方はUターンでどうぞ。


大丈夫な方は追記から。


21日マチネ、ソワレと2回観劇させていただきました。
すでに観劇された方が口を揃えて面白いと言っていたので観に行くのが楽しみでした。


さて、うさぎレストラン。
舞台はほぼワンシチュエーション。
不毛会議のような印象でした。

冒頭でそれぞれ出演者が絵本片手に朗読をしながら登場。
(極上文学的な感じ)
それから絵本の中にお手紙が、朝比奈やよい先生との意見交流会を兼ねた食事会に抽選で選ばれた方を招待するといったような内容のもの。

そして集められた男6人(7人?)
そしてそれぞれが絵本の解釈について語り合う・・・といった内容でした。


■八蜘蛛■
金髪でちょっとチャラい感じの男の子。
だけどエピローグ?で昔いじめられていたことが明かされる。
それも踏まえるといじめられたくないことから周りを寄せ付けない感じに髪も染めて、チャラい。を演じてたのかなと。
絵本の解釈は一番しっくりきました。
最後の刑事うんぬんはともかく(笑)
『歩いていると動物園にたどりついた。と思ったらそこはうさぎレストランだった。』
なぜここで動物園だと思ったのか。
と考えるとやっぱり他の動物がいたからかな、と。

それから余談ですが・・・
鹿山さんがシャワー浴びてて戻ってこないっ!ってなったときに八蜘蛛くんと同じようにわくわくしたのは内緒です(笑)
火サス展開になったら良かったのにとかちょっと考えましたがちゃんと生きてて良かったですねv


■小野瀬■
大人しめな感じの男の子。
参加者の中では最年少の15歳。
絵本の解釈を聞いて大人しめな感じも、うさぎ料理を楽しみにしていたことも納得しました。
うさぎ=人間。つまりうさぎレストランは人肉料理のお店。
食べるのは人間。共食いのお話だと。
これ聞いた時にやっぱり少し引いてしまったんですが、以前「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」のラノベで人肉のお話があったのを観ていて思い出して、少し理解できました。
確かに人肉の味も気になるかなとは。
それにいじめられる側(食われる側)よりいじめる側(食う側)になりたいという気持ちはわからなくもないですが共感はできなかったです。
私もいじめられた経験はありますが、だからこそか共感はあまりできなかったかなと;
解釈的には面白かったですが。
エピローグの後が気になりますね^^*これからきっといじめられることもないんだと思います。
素敵な先輩もいますしね*


■茜■
見た感じは常識人的な普通の人。
だけどそれは自分を隠していたのかな。
『自分はネジが一本足りない人間なんだ。この絵本の主人公は僕のことなんだよ。』
それを聞いた上で考えると、茜っていう名前も、普通これは女の子の名前かな、と。
確か野比?だったか曖昧ですが誰かに「それ苗字?名前?」って聞かれてたことを思い出して。
そんな中途半端な人間だから、自分の心のやり場に困ってたんですかね。
だからきっとこの絵本を書いた先生も自分と同じなんだって思って、一度話してみたかったんだと思います。
エピローグでは野比に自分の名前を読んでもらってますが、これで自分はここにいるんだ。ちゃんと存在してるんだってことを再確認したかったのかと。
野比と良いコンビになりそうですね、これからが楽しみです。


■鹿山■
見た感じ普通のおじさま。
ふくよかな感じはすごく私好みでした^^*
キャラ的に好きでした。
自分の意見をきちんと言えるのっていいなと。
それに私もうさぎレストラン読んだ時に少しつまらないかなと思ったのもあるので。
裏の意味とか考えないで普通に読むと確かにつまらないんですよね。
その絵本に自分の今までの体験だったり、いろんなスパイスが加わってすごく面白いものいなったりするんだと思います。
鹿山さんも絵本を書く側の人間。
きちんと自分の意見を持っていないと絵本とかっえ書けないと思うんですよね。
エピローグでは間さんとのやり取りが幸せそうで、観ていて微笑ましかったです。
これから執筆者と読者という素敵な関係で毎日を過ごして行くんですね。



■間さん、染谷さんは似たもの同士な気がしました。
同じく朝比奈先生を尊敬しているというかそんな印象。
間さんは尊敬しすぎて周りが見えなくなるようなタイプですね^^*


■野比と横塚に関してはこれはもう頭が混乱しそうです・・・;
親友同士の2人で同じ大学に通っている?
野比は引きこもってしまっていて、横塚はそんな野比を放っておけない。
どうにかして外へ出したい。そんな感じ。

野比は何かがあって引きこもっているわけではなくて何もないから引きこもってるんだ、と。
恐らく何もない自分が嫌なのかな、



最後の解釈も難しい所ですね・・・
結局食事会に来なかったのは横塚かとも思ったのですが、そうすると横塚は本当は死んでいない・・?
辻褄が合わないんですよね・・・
けど、野比が知らないだけで、本当は生きているっていうのも素敵かな・・!と!
食事会に来なかった理由もよく分からなかったのですが、野比には絵本の意味、自分(横塚)が伝えたかった思いを、野比自身が自分で見つけてほしかったからかな。と。


こう考えると少しは辻褄合うんですよね。
そもそもなぜ野比に「うさぎレストラン」をあげたのか。
もしあれが自分の親の書いたものであったなら知っていて当然だし、何よりゆうすけくんは先生の書く絵本を読んで育っているから・・・?


もう書いてるうちによくわからなくなってきたのでここら辺で終わりにしようかと思います(笑)
またなにか思い出したら追記します。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンター

プロフィール

錫香

Author:錫香
舞台観劇が趣味。
都内の劇場によく出没します。
玉ちゃんと翼くんを追っかけ中*
関東中心にまったりとコスプレなんかもしてます。
コスプレ
コスプレコミュニティサイトCure

リンク

バロメーター

最新記事

カレンダー

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。